T-POINT / T-CARD
カッテミルニュース

【消費税・増税直前】食品は? 家電は? 買っておくと“お得”な商品まとめ

10月1日から消費税が10%になります。普段の買い物では軽減税率が適用されて8%になるものもありますが、「屋台で食べたら10%」「持ち帰れば8%」など、分かりにくいですね。

そこで、消費増税の後も普段通りの買い物でいいもの、増税前に買っておいた方がいいものを調べてみました。

特に買いだめしなくてもいいもの

日用品

これは「困った」という声が多いのですが、日用品は一切入りません。買いだめしたいところですが、洗剤やシャンプー、オムツなどは保存にかなりの場所を取ります。10%にはなりますが、セールなどを狙っていく方が賢明です。 

お肉・魚

スーパーでお肉を買う場合は8%なので、10月までに買いだめなどをする必要はないです。

ちなみに、国税庁によると生きている牛の購入は「すぐに食べられない」ということで増税対象で10%。まあ、ベランダや庭で牛を飼うこともないでしょうから…、影響は考えなくてもよさそうです。

逆に、魚は生きている鮮魚でも「食品」とみなされて、生きていても軽減税率の対象です! 熱帯魚のような観賞用の魚は10%です。ギョギョッ!

みりん

食品の中で、8%の中に“10%”のものが混じってしまうのが「みりん」です。

酒税法に規定する「みりん」の販売は、軽減税率の適用対象となりません(改正法附則 34①一、酒税法2①)。

(国税庁HP 消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)より)

というわけで、お酒扱いとなるみりんは、食品の棚に並んでいても10%という異色の商品となっています。

とはいえ、普段使う量を考えると、買いだめしておくべきか?というところです。1人当たりのみりん消費量は全国平均で約1リットル。悩ましいところですね。

ちなみに塩が入っている料理酒や、「みりん風調味料」は8%です。

ビールの税金が高くなって発泡酒が出てきたように、「みりん」が高くなって「みりん風調味料」が幅を利かせてくるのでしょうか?

ややこしいですね…。

ノンアルコールビール・甘酒

ドライゼロ」や「オールフリー」などのノンアルコールビールなどは法律(酒税法)上のお酒にならないので、これも8%のままです。

買っておいた方がいいもの

お酒

ノンアルコールビールは8%ですが、酒税法に規定される酒類は適用の対象外、10%になります。

これまで仕事帰りにコンビニでストロングゼロハイボールをパッと買っていたお父さん! しばらく増税の影響を受けたくない場合は、家の邪魔にならない限り、買いだめしておくとよさそうです。

ちなみに、お酒を買いだめをしておくと…。

「家にたんまりあるから、今日は2本飲んでもいいだろ」

「(ストックを見ながら)…うーん、まだまだ余ってるし、3本のんじゃお~」

という感じで無意識に手が伸び、気が付くと普段よりも確実に酒量が増えてる、なんてことにもなる可能性大ですから、ご注意を!

家電

こちらも否応なしに10%です。洗濯機や冷蔵庫、エアコンなど、そろそろ買い替えのタイミングが迫っているご家庭は、増税前セールなども活用して、買っておいた方がいいかもしれませんね。

ちなみにカッテミルは、履歴の表示対象店舗で買えば、家電もクチコミできますよ!

SHARP 洗濯乾燥機 ES-PU11C-S

SHARP 洗濯乾燥機 ES-PU11C-S

評価:5

運転中、とても静かで洗濯しているとは思えませんでした。超音波による汚れ落しは、とても落ちるので助かっています。

Htmmさん

商品リンク
クチコミをみる>

いかがでしたか? 分かりにくい軽減税率ですが、増税前も増税後も、カッテミルでお得に買い物をしてみてください!