T-POINT / T-CARD
カッテミルニュース

マスク、花粉症以上の「恐怖体験風」にクチコミしてみた【神田桂一:『もしそば』作者がクチコミを書いたら】

朝起きたら、泣いていた。いつものことだ。花粉症の季節である。

目もゴロゴロすれば、鼻もムズムズする。この時期ばかりはどうしようもない。

クチコミしたい商品を探すべく「カッテミル」を探してみたところ、とんでもなく「こわ〜い」製品に出逢ってしまった。「のどぬ~るぬれマスク 就寝用プリーツ」である。

今回はこの製品で「恐怖体験風」なクチコミを残そうと思う。

超・青ざめた話 ひとりで潤ってはいけない

出張のときの話です。

仕事後、ホテルに戻るとフロントの……仮にTさんとしておきましょう。

Tさんがあたしに「これ必要ではありませんか?」って「のどぬ~るぬれマスク 就寝用プリーツ」を差し出した。

あたし、おや〜っと思いましてね。というのも、Tさんには、その日のどがつらいなんて伝えてなかったんだ。

その夜、パッと顔に、貼っつけた。するとイガイガがな〜んにもない。

翌日、部屋は異様に寒かったそうです。

恐怖体験風な口コミの作り方

こういった「こわ〜い」商品に遭遇したときは、ココに注目!

・ネーミング

・パッケージデザイン

今回特に注目したのは、パッケージの「青い人」。

彼(?)の青ざめた表情は、果たして安眠から来るものなのか、恐怖体験から来るものなのか。また、商品名の中の『〜』が醸し出す恐怖感も相当だ。

「こわ〜い話」の書き方トリビア

その他にも、

アルファベットで仮名を入れる

擬音を多用する

急にだ・である調にして文章に緩急をつける

最後を「そうです」でしめる

など色々とテクニックがあるのでぜひ試してもらいたい。

でも……そんなクチコミ、その後いっさい出なかったそうです

 

 

なんてことになると、また「こわ〜い」!

「のどぬ~るぬれマスク 就寝用プリーツ」のクチコミを見る
自分の「買ったモノ」からクチコミしてみる

神田桂一
一般企業勤務の後、週刊誌の記者を経て、フリーに。『ケトル』『POPEYE』などで執筆、初の著書『もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら』(菊池良共著、宝島社)が続編と合わせて累計15万部のベストセラーに。

次回は4月上旬に更新予定です!

【神田桂一:『もしそば』作者がクチコミを書いたら】の記事一覧