T-POINT / T-CARD
カッテミルニュース

【Tポイントもらえる】プッチンプリンの挑戦状、全部受けて立ってみた

※このキャンペーンは終了しております

1972年の発売から46周年を迎え、国民的地位を不動のものにしているグリコの「プッチンプリン」。そんなプリン界の王様が、現在「プッチンプリンからの挑戦状」というキャンペーンを開催中です。

国民的プリンのプッチンプリンがこれ以上挑戦することはあるのか? と思いきや、なかなかの難問が待ち受けていたのです。

第1の挑戦:Big・抹茶みるく・Happyの3種類から選ぼう!

まずはキャンペーンページにアクセス!

プッチンプリンからの挑戦状

(画像クリックでキャンペーンページへ)

画面にある通り、3種類のキャンペーン対象商品が登場します。

お好みの“プルル~ン”なプリンからどれか一つをクリックするだけで、最大4名に「プッチンプリン1年分賞」が当たるんです。

もらえるTポイントは“51,465ポイント”。端数が多いのは、タイトル通り「Bigプッチンプリン1年分」に相当するポイントのため。

また「1年分賞」を逃しても、「プルル~ン賞」が当たります。これは、当日中に該当商品を購入するとTポイントが10ポイントプレゼントされます。

くじが引けるのは1日1回。ですが、翌日も引けるのではずれた人もめげずに挑戦してください!

それでは「挑戦状」の対象商品を改めてご紹介しましょう。

Bigプッチンプリン

ノーマルこそ最強。

プッチンすると…。

Bigプッチンプリン

「プルル~ン」感がたまりませんね。

大人になるとなかなか“プッチン”して食べるタイミングがないかもしれませんが、結婚式の引き出物でもらったような、お気に入りのお皿に「プルル~ン」と乗せてみては? 

Bigプッチンプリン 抹茶みるく

黒い容器にずっしりと入った、抹茶味のプッチンプリン。これもプッチンすると…。

Bigプッチンプリン 抹茶みるく

「結構なプルル~ンでございます」と思わず口に出したくなるツヤですね。プッチンプリンの食感はそのままに、抹茶が程よく口の中に広がり、おかわりしたくなります。

Happyプッチンプリン

そしてこちらは言わずと知れた、ドデカイサイズのプッチンプリンです。

皆さんご存じかと思いますが、タワーマンションのような威容を誇っています。

このHappyプッチンプリン、手に入れるのがなかなか難しいことでも有名です。プッチンの様子は、後ほど詳しくご紹介!

「プッチンプリンの挑戦状」キャンペーンサイトに行ってみる

第2の挑戦:難易度高め! プッチンプリンクイズ

くじを引いた後、しばらくするとクイズの挑戦画面が登場します。こちらもTポイントが1,000ポイント当たるチャンスがあります!

プッチンプリンにまつわるクイズが5問出題されますが、「キャンペーンのクイズだし、簡単でしょ」となめてかかると、意外とこれが難しい。

プッチンプリンクイズの1問目。結構本気なクイズ

ネット上でも「ラストがわからなかった」という声もあるので、本気で挑んだほうがよさそうです。

5問回答すると、プッチンプリンに関するトリビアが載っているページにアクセスできます。「プッチンプリンを3等分するとハートになる」「凍らせるとおいしい」などの豆知識や、「プッチンプリンオーレという飲み物があった」といった歴史などが満載です!

ここでシェアしたくなるトリビアを投票すると、抽選で10名にトートバッグが当たります。詳しくは下記のページを見て、挑戦してみてください!

プッチンプリンファンクラブ トリビア人気投票(応募期間:2018年9月30日まで)

このトリビアを見て「プッチンプリンをもっと知りたい!」と思った方には、「プッチンプリン物語」という、この商品の歩みを紹介している漫画がおすすめ。

プリンに賭けろ!~プッチンプリン物語~

40年以上の歴史を誇るプッチンプリン。それだけに、出てくる単語も「パーラーで食べるプリンは…」といったワードなど、時代を感じさせるものが多くちりばめられていて、気づいたら読み込んでしまいます。

…ちなみに、プッチンプリンをお皿に出した時の「プルル~ン」という擬態語、この漫画には21回登場しています! 時代ごとの「プルル~ン」を探してみてください!

第3の挑戦:Happyプッチンプリン“危機一髪”

そして、3つ目の挑戦は「Happyプッチンプリン」の4本ツメ。

裏返してみると、ネットで話題になった4本のツメが鎮座しています。そう、このうちどれか一つだけ「プッチン」ができるんです。生産工程にこんな遊びを入れるなんて、すごい。

手の込んだプッチンプリンに、編集部もトライしてみました。まずは1個目をプッチン…。

反応なし。続いて上にある2番目。

と…っとっと、

おお!

おお…

おおーー。

ここ、大事。そーっと引き抜いて…。

立派に生まれました…。

今回の撮影で使ったHappyプッチンプリンは「2番目」のツメが正解。「一発プッチン」には至らずでした…。

撮影後、別のHappyプッチンプリンを買ったら1番目がプッチン。てんでバラバラの「プッチンプリン危機一髪」状態です。こりゃグリコさん本気ですね。

ちなみに、4本のうちどれが本物かを見分けるヒントは、プッチンする前の画像をよーく見てみるとわかります。また、先ほど紹介した「プッチンプリン物語」のなかにもあるので、目を凝らして見てくださいね。

さて、こんな感じで色々楽しめるこのキャンペーン、期間は9月24日(月)まで。

今からでも遅くはないので、まだの方は急いで挑戦してみてください!

クリックして早速挑戦してみよう!

(文:カッテミル編集部)